整形はなぜ人気があるのか、またどのクリニックがいいのかを説明します

サイトメニュー

知っておきたい知識

女性

施術の基礎知識と効果

二重にあこがれている場合には、美容整形外科に行けば二重にすることが可能になります。美容整形外科で二重にする方法は複数ありますが、一般的に有名とされているのが埋没法や切開法と呼ばれる方法です。埋没法の特徴は医療用の糸を使って上の瞼の部分を二重にする仕組みになります。これは、痛みが伴わないことで有名です。そもそも、部分麻酔をしますので糸を埋め込むこと自体に痛みを伴いません。それだけでなく、施術時間は10分から15分ほどですので両方の目の施術を合計しても30分程度で終わることがほとんどです。一方で、切開法と呼ばれる方法はメスを使う方法になります。メスを使うことによって、ラインを作り二重にする仕組みになります。この方法は、はっきりとした輪郭にしたい場合にはメリットがある方法と言えるでしょう。また、糸でつなげた場合と異なりますので時間の経過とともに形が崩れるようなことはりません。ただ、ダウンタイムが多少ありますのでその点は事前に確認をしておいた方がよいでしょう。
二重にする場合でも、埋没法の効果といえば、やはり自然な形でうっすらと二重にできることです。あまり露骨に目をかいてしまうと周りの人にばれてしまいますので、ほんの少しだけ行いたい場合や自然な感じで行いたい場合にはちょうど良い方法と言えるでしょう。効果は、しばらく持続しますので、特に何度も美容整形外科に行く必要はありません。糸も安全性の高いものを使っており、注射針も非常に細いのが特徴になります。そのため、痛みなどはほとんどなく内出血もないのが特徴になります。実際の注射の針の太さで言えば、わずか0.4ミリメートル程度になりますので安全に美容整形をすることが可能になります。一方で、切開法は明確に二重にするだけでなく幅の広い形にすることが可能になります。ラインはある程度自由にデザインすることができるため、満足度が高くなりやすいでしょう。しかも、メスを入れますのでその分だけ十分な効果を期待することができます。傷が気になる人もいますが、切開部分が二重のラインのところに来ますのでまず目立つことはないでしょう。

Copyright© 2019 整形はなぜ人気があるのか、またどのクリニックがいいのかを説明します All Rights Reserved.